日本文学科

日本の言語、文学、歴史、文化、その魅力を探究する

日本文学科では、日本の言語、文学、歴史、文化を深く学び、専門的な研究方法を身に付けることで社会に寄与できる人間性豊かな教養人を育成します。

日本文学科 紹介ムービー

nitibunHP00.jpg
日本文学科ホームページはこちらから

topicsトピックス

トピックス一覧

日本文学コース

充実したカリキュラムによって、上代から現代までの日本語・日本文学を幅広くかつ緻密に学ぶことができるのが、このコースの特色です。卒業研究着手までの3年間で、ほぼ全分野の専門的な知識と研究方法を身に付けることができます。

日本文学コースイメージ

日本文化史コース

日本史上のできごとや重要人物について、史跡調査や文献資料から学問的に迫るのが、このコースの特色です。これによって、高校生までの暗記中心の学習から、自分で調べ、自分で考え、自分の言葉で語る歴史学の方法を身に付けることができます。

日本文化史コースイメージ

学びの特色

言葉と真摯に向き合い、表現力を磨く

講義では正しい日本語の姿を追究し、いずれの分野でも活躍できるよう、十分な表現力を身に付けることに重点を置いています。専門教育では各々の時代、分野を得意とする教員が揃い、学生のあらゆる関心領域や問題意識に対応できる態勢が整っています。いずれも演習や特別ゼミを多く採り入れながら、きめ細かな指導を行っていることが大きな特徴です。このほか、卒業研究発表会、研修旅行などの機会を通じて、活発で積極的な自主研究が展開されています。

ここに注目!

豊富な貴重資料

授業イメージ日本文学科では、附属図書館のほかに、学生研究室に配架された図書をいつでも自由に閲覧できることに加え、機器類の利用について最大限の便宜を図っています。また、研究室のパソコンから主要国立大学・国文学研究資料館など各研究機関のデータベースを利用することができます。さらに、貴重図書やビデオ・DVDソフトなど視聴覚関係資料も充実しています。 学年の垣根がなく和気藹々とした雰囲気が漂うなか、研究や語らいの場として、各研究室には人の絶える間がありません。
在学生及び卒業生の研究発表の場として紀要「うずしお文藻」の発行もしています。

分野別入試(芸術・メディア・ダンス分野)

日本文学科は、分野別入試(芸術・メディア・ダンス分野)の「文芸分野」の対象学科です。

分野別入試(芸術・メディア・ダンス分野)は、自分の持つ能力を発揮し、入学後も各分野のリーダーとなる力を多面的・総合的に評価する入試です。小論文、個人面接、活動証明書、調査書を統合して合格者を決定します。活動証明書には、各分野で活動した実績を証明する資料等が必要です。

入学者には、合格区分によって「芸術・メディア・ダンス分野特別奨学金」が給付されます。

分野別入試(芸術・メディア・ダンス分野)

4年間の学びの流れ

1年次

基礎となる知識、表現力を養う

4年間の勉強の基礎となる知識を身に付けます。高校までに習ったことの復習なども合わせて行います。また、文章表現法の科目もあり、基礎的な表現力を養います。

主な科目
  • 基礎日本語学
  • 文章表現法
  • 基礎日本史
  • 図書館概論
  • 古典文学史
  • 近現代文学史
  • 基礎講読古典文学
  • 基礎講読近現代文学
  • 古文・漢文講読

2年次

思考力を強化し、文芸創作を含めた文章表現力を高める

2年次から始まる演習では、あるテーマについて、自分で調べたり考えたりします。それをまとめて、みんなの前で発表することによって、思考力や表現力を養います。また、文芸創作の科目を設け、日本語の表現力をさらに磨きます。

主な科目
  • 日本文学概説
  • 日本文化史概説
  • 日本文法論
  • 日本語史
  • 古典文学演習
  • 近代文学演習
  • 近代文学講読(児童文学を含む)
  • ことば・文化・人間

3年次

少人数講義で専門的な分野の探究を深める

3年次からは、少人数の専門科目が加わります。それによって、知識をさらに増やし、思考力や表現力を一層伸ばします。また、教員や公務員を目指す人のための専門科目も設けています。

主な科目
  • 専門研究
  • 地域研究(文法)・(歴史)
  • 日本語研究
  • 国語科指導法
  • 中国文学演習
  • 日本文化史演習
  • 考古学
  • 国語科教育研究
  • 書道科指導法

4年次

卒業研究・論文で4年間の総まとめ

4年次では、卒業研究が中心になります。自分で選んだテーマについて、調べたり考えたりしながら論文をまとめます。それによって、4年間の総まとめをします。

主な科目
  • 卒業研究
  • 教育実習
  • 学級経営論
  • 博物館実習
  • 文芸創作Ⅲ(詩歌)
  • 日欧比較文化演習
  • 現代文化と文学
  • 草書法

科目紹介

文章表現法Ⅰ・Ⅱイメージ
文章表現法Ⅰ・Ⅱ

入学から一年間で、手紙・電子メールなど、就職活動で必要とされる実用的な文章表現のマナーから、レポート・批評文・評論文など、思考を正確に伝える理論的な文章表現の実践まで、少人数クラスで一から丁寧に学べます。

近代文学講読(児童文学を含む)イメージ
近代文学講読(児童文学を含む)

作中の〈ことば〉のメカニズム、構造、語り手の視点等、様々な視点からアプローチすることにより、これまでとは違った世界が見えてくる、というところに近代文学読解の醍醐味があります。漱石、鷗外、芥川等の純文学系を中心に、村上春樹等の現代文学、そして児童文学、ミステリー、詩も視野に入れつつ、作品の深奥に迫ります。

古文書学演習

奈良時代から戦国時代までに書かれた古文書を読みます。くずし字の読み方だけでなく、古文書のフォーマットや文面に表れる人間関係の読み取り方も学びます。

文芸創作 Ⅰ(小説)

小説の書き方を学びます。人間にとって小説とは何かということから始めて、小説が書くべきこと、小説の「起」、小説の第一文などについて学びます。それらの基本を理解したうえで、実際に作品を書き、意見を交換します。

基礎講読中世・近世文学

『平家物語』を読みます。物語冒頭の「祇園精舎の鐘の声」は知っていると思いますが、どうして「鐘の声」なのでしょう?「鐘」なら「音」ですよね。実は祇園精舎の鐘は、精舎の僧が亡くなるとき仏教の真理を唱えて鳴るのです。だから「声」。日本の古典文学について、物語をもっと面白く、また深く感じられるよう様々な資料を交えて読んでいきます。

取得可能な資格等

  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(書道)
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 学校司書資格(四国大学認定資格)
  • 博物館学芸員資格
  • 日本語教員資格

卒業後の進路

中学校・高校教員、図書館司書、博物館学芸員など、免許・資格を活かして活躍している人もあり、また公務員・一般企業など他の領域へも広く進出しています。さらには学内外の大学院へ進学し、研究を続けている人もいます。

最近の主な就職先

徳島県公立中学校/岡山県公立中学校/神奈川県公立中学校/京都府公立高等学校/村上学園高等学校/松山東雲中学・高等学校/鳴門市立図書館/北島町立図書館/北島町学校司書/愛媛県埋蔵文化財センター/日本郵便/徳島市役所/阿波銀行/伊予銀行/コスモス薬品/市岡製菓/徳島新聞ネクスト 他

Page Top