書道文化学科

  1. ホーム
  2. 学部・短大・大学院
  3. 文学部
  4. 書道文化学科

私たちが普段使う文字を素材とする「書道」は、中国から日本に伝わり、日本文化の中で独自に発展し続けてきた美しい文化です。ことばや文字が見直される昨今にあって、注目を集める書道の文化に、ぜひ「喜び」を見いだしてみませんか?
探究すればするほどに、無限に広がる「書の世界」。
過去を学び自身の未来を拓く・・・「書道の真髄」がここにあります。

全国高校書道展について

平成26年度もたくさんの力作をご出品いただき、ありがとうございました。
8月3日の表彰式には、台風による悪天候の中を70名の受賞者、またご家族やご友人もご参加くださいました。
遠方からのご参加に、重ねて御礼申し上げます。今後も当書道展へのご理解とご協力をお願い申し上げます。
詳細は下記をご覧ください。

第43回全国高校書道展
特別賞・特選受賞者名、団体賞受賞校・出品校一覧 ああああ

芸術分野特別入試制度について

書道・デザイン・音楽の各分野で高等学校等在学中に優れた成績を収め、将来、当該分野をリードする優秀な人材を育成することを目的に「芸術分野特別入学者選抜試験」を実施しています。

募集学科・募集人員は、
文学部書道文化学科・生活科学部生活科学科・短期大学部音楽科で、それぞれ若干名です。

この芸術分野特別入試で入学した者には、在学期間中「芸術分野特別奨学金」として、
毎年80万円又は40万円の奨学金を給付します。

平成26年度入試における出願資格、入試日程等の詳細は、こちらのページをご覧ください。
 

「商業書道・デザイン書道」分野科目を開講

現代の社会において書道の持つ実用性・芸術性をより発展させ、卒業生が多様な分野で活躍できるよう
「商業書道・デザイン書道」の分野を開講しています。

開設科目

● デザイン書道 ●  アート書道 ●  色彩学 ● 水墨画法 ●  紙の製作と加工    

施設

施設

書道文化館は、隣接する文学館とともに、実技兼講義室・制作室・表具室・PC演習室・展示ギャラリー・学生研究室など、集中して取り組める環境を備えた施設です。

2階にある書道研究センターは、多くの書籍・資料を蔵し、「東アジアの書道文化交流の拠点」を目指して日々充実に努めています。

交流

交流

単位互換

大東文化大学文学部書道学科と、集中講義形式で単位互換ができます。

中国研修旅行

希望者による中国研修旅行を実施しています。様々な書道の名跡を見学し視野を広げます。

学会活動

紀要「書道文化」

四国大学書道文化学会は学科の教職員・卒業生・在学生を主体とした学会。
講演会や大会、研究発表会などの行事開催や、紀要「書道文化」の発行を行っています。

在学生インタビュー

書道文化学科 3年
徳島県立鳴門高校出身
原田 実穂

harada-1.jpg
harada-2.jpg 

この学科を志望した動機は?
幼い頃から書道を始め、やっていくうちにもっと書の世界を極めたいと思ったからです。

現在、夢中になっている事はありますか?
次々とある展覧会に向けて、作品を創っている事です。

高校時代と現在、自分自身で変わったと感じる所はありますか?
高校時代と違い、大学では自分が学びたい書道を専門的に学べる事です。また、書道人として知っておかなければならない知識も習得することができ、毎日の授業がとても楽しいです。

在学中に取りたい資格はありますか?
毛筆・硬筆検定の一級取得と教員免許の取得です。

大学生活で最も印象に残った出来事を教えてください。
学科行事の錬成会や合宿です。

将来の夢を教えてください。
具体的にはまだ決まっていませんが、書道を生かした仕事に就きたいと考えています。

カリキュラム

授業風景

「書道の技術」を探究

漢字・仮名・漢字仮名交じりの書・篆刻などと、書道全般にわたる実技科目が充実。 書道の技術の本格的な向上を支援します。
また、現代社会の中で生きる実用書道・デザイン書道・アート書道など、新しい書を開拓します。

「書道の歴史・理論」を探究

文学資料や書道の作品を鑑賞し、歴史や理論を学ぶ科目が充実。
書道研究の深化を支援します。

「人間性豊かな書道」を探究

研修や錬成、作品発表などの行事(研修旅行・新入生歓迎錬成会・夏季合宿錬成会・芳藍書道展など)が盛んで、学年を越えた交流が活発。それぞれの個性を重んじ、いきいきと取り組む姿勢を支援します。

Pickup Curriculum

篆刻法
自分の姓名印から始まり、名印・引首印・年賀状用印など様々な印を刻ることを通して、印を作る手順や刻り方の技法、印の歴史などを学びます。授業の終盤では6cm角の大きさの印にも挑戦。芸術としての篆刻作品も制作します。 
書道科指導法Ⅰ・Ⅱ
将来高校の書道教員や書塾経営者になるための理論や心構え・指導技術を学びます。これを3学年で受け、4学年前期には教育実習に行きます。Ⅰでは授業に関わる様々な理論や指導案の書き方を、Ⅱでは受講生を互いに生徒に見立てた模擬授業を中心にします。 
書道生活入門
授業で学んだ色々な書体や文字に関する知識をもとに、生活の中に生きる作品作りを行います。うちわに加工を施して書いた作品、藍染めにした作品、ガラスの板や容器に書をデザインした作品など、楽しい内容がいっぱいです。
  専門科目
必修科目 選択科目
1年次
  • 書道概論
  • 中国書道史I
  • 日本書道史I
  • 楷書法I・II
  • 行書法I・II
  • 隷書法I
  • 仮名書法I・II
  • 漢文基礎
  • ことば・文化・人間
  • 日本文学概説
  • 基礎日本語学I・II
  • 中世・近世文学史
  • 篆書法I 
  • 篆刻法I 
  • 硬筆書法 
  • 書道文房概説 
  • 文字デザイン・編集法
2年次
  • 草書法I・II
  • 創作書法(漢字)I
  • 創作書法(仮名)I
  • 書写教育概論
  • 上代・中古文学史
  • 近代・現代文学史
  • 鑑賞
  • 篆書法II
  • 篆刻法II 
  • 隷書法II
  • 仮名書法III・Ⅳ
  • 書道史料研究
  • 基礎講読中世・近世文学
  • 基礎講読近代・現代文学
  • 日本文法論I
  • 日本語史
  • 中国文学講読I・II
  • デザイン書道
  • アート書道
  • 水墨画法
  • 色彩学
3年次
  • 漢字仮名交じり書法I
  • 創作書法(漢字)II
  • 創作書法(仮名)II
  • 書道生涯学習論
  • 専門研究I・II
  • 楷書法III
  • 行書法III
  • 篆隷作品制作法
  • 仮名書法Ⅴ
  • 書道科指導法I・II
  • コンピュータアート研究
  • 文字学概説
  • 基礎講読上代・中古文学
  • 日本古典文学演習(中古)
  • 日本古典文学演習(中世)
  • 中国語中国文学I・II
  • 国語科指導法I・II
  • 日本美術史
  • 書道美学論
  • 日中比較文化史演習(芸術)
4年次
  • 漢字仮名交じり書法II
  • 卒業研究I・II
  • 書論
  • 草書法III
  • 漢字書法演習
  • 仮名書法演習
  • 創作書法(漢字)III
  • 創作書法(仮名)III
  • 実用書法
  • 古文書学演習
  • 日本古典文学演習(上代)
  • 日本古典文学演習(近世)
  • 日本近代文学演習
  • 思想と日本文化演習
  • 仏教文学演習
  • 日中比較文化史演習(芸術)
  • 中国語中国文学演習
  • 紙の製作と加工
  • 書と工芸
  • 表装技法

取得可能な資格等

  • 高等学校教諭一種免許状(書道)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格

卒業後の進路

中学校・高校の教員、図書館司書、博物館学芸員など、免許・資格を活かして活躍している人が多く、また公務員・一般企業など他の領域へも広く進出しています。さらには四国大学大学院へ進学し、研究を続けている人もいます。

最近の主な就職先

  • 高等学校教諭
  • 高等学校講師
  • 大阪府小学校教諭
  • 中学校・特別支援学校講師
  • 徳島県支援学校教諭
  • 四国大学
  • 徳島県立文学書道館職員
  • JA(徳島/紀南)
  • ネッツトヨタ
  • 郵便事業
  • スズキ自販
  • ときわ
  • 徳島野菜苗育苗組合
  • 愛グループ日本セレモニー
  • マルナカ
  • 阿波掛軸堂 
  • 徳島グランヴ ィリオホテル
  • 鳴門グランドホテル
  • 阿南信用金庫
  • 健祥会グループ
  • グローバルアシスト
  • 今治加工
  • イトキン
  • 高橋呉服店

 

四国大学 書道文化学科ホームページ

書道文化学科運営のホームページです。

入試関連情報はこちらの特設サイトから
  • 入試概要・日程
  • 募集定員
  • 入学費
資料請求はこちらから