人間健康科 食物栄養専攻

食から健康を考え、多様に活躍できる専門家を目指す

食物栄養専攻では、栄養士としてだけでなく、食品関連企業で活躍できる人材を養成します。
卒業実験(少人数指導)と情報処理教育が本専攻の特徴で、卒業実験ではコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力、そして社会人基礎力を養います。
また、情報処理教育では専門分野に関連した実習内容により実践的情報処理能力を身につけることができます。
栄養学・食品学を基に食と健康に関する幅広い分野で活躍するための専門知識と優れた技術の修得を目指します。

topicsトピックス

トピックス一覧

栄養・食育コース

「栄養士」と「生涯を通じた食育」の知識をベースに、栄養の現場で求められる実践力を磨き、栄養士に加え栄養教諭の資格が取得できます。

栄養・食品コース

「栄養士」と「食品加工・微生物管理」の知識をベースに、食品関連企業で求められる実践力を磨き、栄養士に加え食品衛生管理者・フードサイエンティストが取得できます。

学びの特色

1. 栄養士養成のための特色あるカリキュラム

栄養士養成をベースとしたカリキュラムを編成しています。栄養学を学問として理解するだけでなく、からだの構造と機能・食べ物と健康などの基礎科目と関連させて栄養の意味を理解する視点を育てます。

2. 栄養士としての実践力

栄養士として社会に貢献するために、それぞれの専門分野において、特に実験・実習に力を入れています。また、コンピュータを使用した実践的な栄養業務も学びます。

3. 食品衛生管理者としての実践力

食品関連企業で求められる微生物管理の知識と技術を講義だけでなく実験で身につけます。

4. 社会人としての基礎力

本専攻の特徴として、卒業実験が挙げられます。卒業実験では、1年次に養った能力に加え、絶えず新しい知識を吸収しようとする探究心、疑問を持ち考え抜く力、失敗しても粘り強く自ら行動する力、チームワークなど、社会で必要とされる基礎的能力を養います。

ここに注目!

編入学制度

卒業年次には4年制大学への編入学試験を受けることができます。本専攻での学業成績が優秀な志願者は四国大学生活科学部管理栄養士養成課程への特別推薦による受験(3年次編入)が可能です。

資格を活かす

栄養士

食や栄養の知識を活かし、病院、学校や福祉施設の給食施設において栄養指導者として、人々が健康で活動的な生活を維持・増進できるよう適正な食のあり方を追求します。

食品衛生管理者任用資格

食品の製造、加工などを行う企業で必要となる国家資格で、衛生管理を行い安全な食品を提供するための知識が要求されます。

栄養教諭二種免許状

食のスペシャリストとしての栄養士と教育に関する資質を併せ有する資格です。栄養教諭の専門性を活かした児童生徒への食に関する指導と学校給食の管理などの取り組みが期待されています。

フードサイエンティスト

食品科学教育協議会から認定される資格で食品会社などの企業に就職する際に役立ちます。品質管理・食品開発などの技術者、研究員としての活躍の道が拓けます。

食育指導士

「食と健康」に関する正しい知識を身につけ、食育をとおして子どもからお年寄りまであらゆる世代の人々に、「食と健康」の重要性を普及できる人材です。

食生活アドバイザー

FLAネットワーク協会が認定する資格です。広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる“食生活全般のスペシャリスト”としての活躍が期待されています。

2年間の学びの流れ

1年次

社会人基礎知識と専門基礎知識の修得

即戦力として活躍できる栄養士を2年間で育成するために、1年次より基礎教育に加え、実践的な専門教育を取り入れています。

主な科目
  • 生化学
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 食品学総論
  • 食品化学実験
  • 基礎生物化学
  • 調理学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 栄養学総論Ⅰ
  • 給食経営管理論
  • 食品加工学
  • 調理学
  • 臨床栄養学総論
  • 栄養指導実習Ⅰ
  • 栄養学各論
  • 栄養指導論

2年次

栄養士・食品衛生管理者としての実務能力の育成

修得した専門知識・技術を実際の就業現場で活かせるよう、カリキュラムに実験・実習を多く取り入れ、より実践的な教育を展開しています。

主な科目
  • 食品分析化学
  • 食品品質評価論
  • 栄養学総論Ⅱ
  • 公衆栄養学
  • 公衆衛生学
  • 食品衛生学
  • 給食管理実習Ⅰ・Ⅱ
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 栄養指導実習Ⅱ
  • 栄養カウンセリング論
  • 調理学実習Ⅲ
  • 生化学実験
  • 栄養学各論実習
  • 社会福祉概論
  • 食品衛生学実験
  • 給食管理実習Ⅲ(校外実習)
  • 解剖生理学実験

科目紹介

給食管理実習イメージ
給食管理実習

給食施設の食事計画に基づいて作成された安全で栄養バランスのとれたおいしい食事の提供、衛生管理、作業管理、大量調理の基礎技術など、給食の運営について学びます。

栄養教育実習イメージ
栄養教育実習

栄養に関する専門知識を修得したうえで、児童生徒の成長・発達に適した食の指導とそれに関する授業内容の研究(教材作成・学習指導案)の方法など実践的な実習をします。

食品衛生学実験イメージ
食品衛生学実験

実験を通じて食中毒を予防するための基本的な衛生管理方法を修得し、栄養士の実務上、極めて重要な食の安全確保についての意識を高めます。

卒業実験イメージ
卒業実験

学生が各自の目的意識にあった分野を選び、1年間充実した指導を受けます。その成果をパネル展示や卒業実験発表会で報告します。専門的な知識をさらに深めるとともに社会人としての基礎力を養います。

取得可能な資格等

  • 栄養士免許(管理栄養士国家試験受験資格:実務経験3年以上)
  • 食品衛生管理者任用資格および食品衛生監視員任用資格
  • 栄養教諭二種免許状
  • フードサイエンティスト(食品科学技術認定)
  • 食育指導士
  • 食生活アドバイザー

卒業後の進路

卒業生は、各方面で活躍しています。食物栄養専攻の専門的な知識・技術のうえに豊かな人間味も評価の対象となり、毎年の就職率はほぼ100%です。さらに意欲的な卒業生は栄養士としての実務経験(3年以上)により管理栄養士国家試験の受験資格を得て合格し、管理栄養士として活躍しています。

最近の主な就職先

≪病院関係≫
博愛記念病院/天満病院/稲次整形外科病院

≪委託給食会社≫
日清医療食品/富士産業/大八食品/魚国総本社/トーカイフーズ/エームサービス/メフォス/ベネミール

≪保育園≫
明神善隣館保育所/めだか認定こども園/ひまわり保育園/もとしろ認定こども園/梅の花保育園

≪福祉・児童福祉関係≫
三成会キュアセンター/眉山園/鳴門こども学園

≪食品、製造会社≫
昌栄/丸浅苑/マルヤ/オリジン東秀/野田ハニー食品工業/マルハ物産

≪行政機関≫
吉野川市役所/美馬市役所/阿南市役所/徳島県警本部 

≪企業≫イオンリテール/徳島銀行/ルネッサンスリゾートナルト ≪その他≫きたじま田岡病院/徳島空港ビル ≪進学 ≫四国大学

Page Top