文学研究科

Graduate School of Literature

学生受入方針(アドミッションポリシー)

文学研究科では、人文学分野での探究を通して、自律的に学ぶ能力と高度に専門的な知識・技術を身に付け、社会貢献と文化の興隆に寄与できる人材育成を目指しています。そのため、次のような学生を求めています。

  1. 日本の文学・歴史・文化に興味を持ち、研究・実践などを行いたい人。
  2. 書道文化に興味を持ち、書の実技の研鑽や書道文化の研究などを行いたい人。
  3. 英語に関する力を高めるとともに、言語、文化・文学、教育について研究を行いたい人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

文学研究科では、人材養成の目的を達成するため、次の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 多様化した社会に対応する科目を設け、自らの課題を幅広い視野で探究することができる。
  2. 日本文学分野と書道文化分野の両分野にまたがった特色ある科目を設け、学際的な視点で関連する領域の知識を学ぶことができる。
  3. 学部を卒業した学生や社会人学生の目的に応じて文化・文学、英語教育、言語・コミュニケーション分野について体系的に学ぶことができる。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

文学研究科では、次のような知識・能力を修得した者に学位を授与する。

  1. 日本の文学・文化・歴史について高度な専門知識を有し、社会あるいは自らの課題を積極的に研究していく能力。また、優れた文章表現力と創造性をもって社会へ発信する能力。
  2. 書写・書道の専門知識及びそれに関連する文学・芸術などの幅広い知識を有し、自らの課題を積極的に研究していく能力。また、高度な書の技法に裏付けされた作品創作力。
  3. 世界の多様な文化や文学を広い視点から理解し、自らの課題を積極的に研究していく能力。正しい情報の発信や円滑なコミュニケーションなどに必要な英語力。また、英語教育に関する高度な知識と実践力を身に付け、それを社会の中で活かす能力。

文学研究科には「日本文学・書道文化専攻」と「国際文化専攻」の2専攻があり、各分野における奥深い学識と高度の研究能力を持つ専門職業人の育成を目指しています。

日本文学・書道文化専攻:「日本文学分野」と「書道文化分野」を有機的に融合させた特色ある専攻。
国際文化専攻:「国際文化・文学」「英語コミュニケーション」「小学校英語教育」の3コースを設置。

授与される学位:修士(文学)

30単位以上修得の上、修士論文(または論文に代わる作品などの成果)の審査および最終試験に合格すると「修士(文学)」の学位が授与されます。カリキュラムは、必要な授業単位を1年次に修得すれば、2年次には修士論文にじっくり取り組むことができるよう編成されています。

取得可能な免許

日本文学・書道文化専攻
  • 高等学校教諭専修免許状(国語・書道)
  • 中学校教諭専修免許状(国語)
国際文化専攻
  • 高等学校教諭専修免許状(英語)
  • 中学校教諭専修免許状(英語)

※ただし、中学校・高等学校一種免許状を有した上で、大学院で所定の単位を取得することが必要です。

日本文学・書道文化専攻(修士課程)

人を見つめ、智を伝承するために

日本文学・書道文化専攻では、心の声としての「文学」と心の画としての「書」を融合させたカリキュラムを構成しています。「心の時代」「国際化の時代」「生涯学習の時代」に対応し、指導的な役割を果たすことのできる実践的研究者・研究的実践者を育成します。また、詩・小説・教材作成・書道作品など特定の課題に特化した研究活動を推進しており、各分野をより深化させる環境が用意されています。

知と技と心の探究

『言は心の声なり、書は心の画なり』本専攻では、心の声としての文学と、心の画としての書を融合させたカリキュラム構成をとっています。「心の時代」「国際化の時代」「生涯学習の時代」に対応して、指導的な役割を果たすことのできる実践的研究者・研究的実践者を育成します。

新しいパラダイム

国際化の進展する中で、多くの日本文学作品が、世界の各国に紹介されています。そのような新しい時代を迎えて、本専攻では、日本文学や日本語学の研究においても、歴史学・民俗学・心理学など、他領域の手法や視点を取り入れ、新しいパラダイムから多面的に『人間』の問題を考察します。書道文化研究においても、『書は人なり』という原点に回帰し、技能だけでなく素材である語句・詩文への意識や関心を喚起させる研究を進めます。わが国独自の『書』の文化を、国際社会に発信していきます。

カリキュラム

必修科目

特別演習Ⅰ、特別演習Ⅱ

選択科目
日本文学分野

古代文学特論A、古代文学特論B、中世文学特論A、中世文学特論A、中世文学特論B、近世文学特論A、近世文学特論B、近代文学特論A、近代文学特論B、日本語学特論A、日本語学特論B、国語教育特論、文芸創作・評論特論、戦国時代史特論

書道文化分野

書道芸術学特論、書道史特論(中国)、書道史特論(朝鮮)、書道史特論(日本)、漢字書法特論A、漢字書法特論B、かな書法特論ⅠA、かな書法特論ⅠB、かな書法特論ⅡA、かな書法特論ⅡB、調和体書法特論、篆刻法特論、書写教育特論、書道教育特論、書道生涯学習特論、デザイン書道特論、文房四宝研究

共通 ※共通科目は、文学研究所独自の特徴的な科目です。他専攻の学生も受講可能です。

日本文学と書特論、日本語学と書特論、中国文学と書特論、東洋文化と書特論、文字学特論、美学・美術史特論

国際文化専攻(修士課程)

異文化を理解し、国際社会に貢献できる人に

急激な国際化とともに異文化が交錯し、もはや異文化の相互連携と理解なしには民族紛争や環境問題・複雑化する社会問題に対応することができません。
国際文化専攻では、英語と英語文化に精通し、異文化間の交流と平和共存のために、地域社会及び国際社会に貢献できる人材を育成します。
さらに、翻訳や教材作成などの特定課題に特化した研究活動を推進しており、分野に応じた幅広い研究が可能な環境です。

国際的に貢献のできる人材の育成

急激な国際化とともに、異文化が交錯し、もはや英語力だけでなく異文化の相互連携と理解なしには、民族紛争や環境問題、複雑化する社会問題に対処することはできません。本専攻では、英語や英語教育と英語文化に精通し、異文化間の交流と平和共存のために、地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成します。

客観的・複眼的な視点、実践的な能力の養成

目的別に3つのコースを設定。コースを越えた授業も受けられます。

国際文化・文学コース

多様化する世界や人を見つめる柔らかな心

様々な国の文化や文学をグローバルな視点で捉えることができる感性や知識を持ち、客観的・論理的に考えることができる人材を養成します。

英語コミュニケーションコース

国際社会に貢献できる英語力

国際言語としての英語を深く理解し、グローバル化・情報化が進む社会で役立つ英語の運用能力を備えた人材を養成します。

小学校英語教育コース

英語を教える喜びと確かな授業実践力

小学校英語教育の背景となる理論を正しく理解し、教材作成や授業運営などに必要な具体的知識と基本的・実践的英語力を持つ人材を養成します。

カリキュラム

必修科目

特別演習Ⅰ、特別演習Ⅱ

選択科目
国際文化・文学コース(文化・文学分野)

西洋思想特論(※)、国際文化特論(※)、ジェンダー特論、多文化共生特論、英語圏文学研究Ⅰ(詩とドラマ)、英語圏文学研究Ⅱ(フィクション)、英語圏文学研究Ⅲ(文学とメディア)(※)、英語圏文学研究Ⅳ(児童文学)、比較文学特論(※)

英語コミュニケーションコース(言語・コミュニケーションコース)

英文法研究Ⅰ、英文法研究Ⅱ、英語学研究Ⅰ、英語学研究Ⅱ、英語学研究Ⅲ、英語音声学特論、Oral Communication、Oral Presentation、異文化間コミュニケーション特論

小学校英語教育コース(英語教育分野)

小学校英語教育概論、小学校英語教授法特論、小学校英語授業実践Ⅰ、小学校英語授業実践Ⅱ、小学校英語教材研究Ⅰ、小学校英語教材研究Ⅱ、英語教育基礎研究、英語教育授業研究、英語教育教材研究

※共通科目は、文学研究所独自の特徴的な科目です。他専攻の学生も受講可能です。

研究科長からのメッセージ

大学進学率が50%を超え、ユニバーサル化が進む昨今、大学院教育の重要性がますます高まってまいりました。文学研究科では、学部からの進学者だけでなく一般・社会人にも広く門戸を開いています。充実した研究環境を整え、日本文学・書道文化専攻と国際文化専攻の2専攻で各分野の専門家を養成しています。どちらの専攻も少人数教育を旨とし、授業における自由な討論やゼミ担当教員によるマンツーマンの指導により、豊かで密度の濃い研究生活を送ることができます。また、中国浙江省にある浙江大学中国芸術研究所と学術交流も行っており、希望すれば留学(中国)することも可能です。
研究が進むにつれ、未知だったものが見えてくる喜び、この「知の探究」こそが大学院の魅力といえます。2年間の修士課程で培われた専門知識や想像力・探究心は、きっとその後の社会生活の中で生きる力として発揮できると確信しています。

文学研究科長
太田 剛

Page Top