看護学科

  1. ホーム
  2. 学部・短大・大学院
  3. 看護学部
  4. 看護学科

医療現場では、医療に対するニーズの多様化に加えて、その技術の高度化とともに、看護職にこれまで以上の高度な知識、技術、判断力が求められるようになっています。
本学科は、確かな教育に基づいた実践能力とともに、思いやりや豊かな人間性を備えた「やさしくて賢い」看護職の育成が目標です。

看護の考え方

看護を考える際に大切な概念は、「人間」「健康」「環境」「看護」の4つです。
四国大学看護学部では、4つのそれぞれと関連について図のように考えています。

看護の考え方
  • 人間は身体的、精神的、心理・社会的存在であり、環境の中で、刺激を与えたり受けたりしながら社会生活を営みます。
  • 環境には自然環境や化学的・物理的環境、社会・文化的環境があり、人間の成長や発達に大きく影響を及ぼします。
  • 健康とは、単に病気でないというだけでなく、心・身ともに良好な状態をいいます。健康の状態は人間と環境の相互作用によって刻一刻と変化します。
  • 看護は、人間と環境の双方に働きかけて健康状態(レベル)をより良好にする営みです。

看護学部長メッセージ

看護職者の活動は様々な人々との援助関係から始まります。子どもから高齢者まで幅広い人々の健康を護るのが看護の仕事です。そのため、看護職者に求められるのは幅広い教養や専門知識・技術は当然ながら、いのちの尊さや人権を守る意識(尊厳)が重要です。そして、医学の進歩や社会の変化に対応するためには、主体的に学修する姿勢や学び続ける姿勢を養う必要があります。四国大学看護学部では、これらを実現するための様々な授業や演習、臨地実習(病院や施設での学び)を準備しています。さらに、もっと信頼される看護師になるために専門性を深めるための大学院看護学研究科も設置しています。あなたの夢を叶え、社会で役立つ人間に成長してください。

臨地実習

臨地実習

「看護学」は“実践の科学”です

理論や知識がどんなに豊富でも、実践なしでは看護とはいえません。実践に向けたトレーニングのために、実習室には現場を再現した設備やモデル人形を備えました。また、臨地実習は、教員や現場の指導者のもと、グループに分かれて行います。

学びの特色

kango-pick up.jpg

1.知識・技術とともに人間力を身につける

人々に提供される看護の質は、それを行う看護者の受けた教育の質と生来の資質に左右されます。そこで、専門的な学びと平行して教養を深め思考力や判断力を養います。

2.全てに対応できる看護力を身につける

看護職の活躍の場は、「人が生活するところすべてに存在」します。それらの場所では知識や技術はもちろん、自分で考え判断する力が求められます。
豊富な授業科目の講義や演習、ゼミナールを通してそれらの力を養います。

Pickup Curriculum

身体の構造と機能
人間の健康とは何か、病気になるとはどのようなことかを学ぶためには、まず人体の正常な構造とその生理機能をよく知って理解しなければなりません。「身体の構造と機能」は、看護学教育の中で最も基礎となる学問であると言えます。授業では、できるだけ多くの視聴覚教材、標本、解剖模型などを用いて、人体構造を3次元的に解り易く説明しながら進めます。

 

生活行動援助方法
看護師として必要な知識・技術・態度の修得のために、人々の日常生活行動に対する援助を学ぶことは重要なことです。「生活行動援助方法」は対人関係の基盤となる観察やコミュニケーション技術をもとに、食事や排泄、清潔などに対する援助の方法を学びます。各援助技術は根拠に基づき、安全で安楽な方法でどのように実践すればよいかを考え、その後の臨地実習で実践できるための基礎作りを行います。 

 

課題探求ゼミナール
看護師には、自ら課題を発見し、その課題に向かって主体的に問題解決できる能力が求められています。「課題探求ゼミナール」は少人数ゼミ形式で行い、学生が自ら選択した課題を探求する過程を通して、主体的に情報を収集し、問題を解決するための道筋や考え方を学ぶ科目です。その過程を経験して看護を学ぶ学生として、自立や協調性、主体性などの能力を身につけることをねらいとしています。
  専門科目
必修科目 選択科目
1年次
  • 身体の構造と機能I・Ⅱ
  • 栄養学
  • 生化学
  • 薬理学
  • 微生物学
  • 人間発達学
  • 健康科学概論
  • 疾病論(総論)
  • 公衆衛生学
  • 看護学概論
  • ヘルスアセスメント
  • 生活行動援助方法Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎看護学実習I
  • フィールド体験実習
  • 公衆衛生看護学概論Ⅰ
  • 女性学
  • 人間関係論
  • 臨床心理学
2年次
  • 健康教育論Ⅰ
  • 疾病論I-V
  • 保健医療福祉行政論
  • 治療課程に伴う援助技術
  • 看護理論演習
  • 看護過程論
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 小児看護学概論
  • 小児保健論
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論 看護学概論 看護学概論  
  • 老年保健論
  • 成人保健論  
  • 成人・老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 母性保健論
  • 母性看護方法論
  • 精神保健論
  • 精神看護方法論I
  • ターミナルケア
  • 公衆衛生看護学概論Ⅱ
  • 学校保健I
  • 健康教育論Ⅱ
  • 看護史・制度論
  • 家族看護論
  • 看護教育論
3年次
  • 疫学・保健統計学Ⅰ
  • 小児看護方法論
  • 小児看護学実習
  • 成人・老年看護方法論Ⅲ・Ⅳ
  • 成人・老年看護学実習Ⅰ-Ⅳ
  • 母性看護学実習
  • 精神看護方法論Ⅱ
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護方法論
  • 在宅看護論実習
  • 看護倫理
  • 看護管理論
  • 災害・救急看護論
  • 生活習慣看護論
  • 課題探求ゼミナール
  • 看護研究方法論
  • 公衆衛生看護方法論Ⅰ 
  • 助産学概論
  • 周産期医学
  • 国際看護論
4年次
  • 看護研究
  • 応用看護技術
  • 総合実習
  • 地域母子保健
  • 助産診断・技術Ⅰ-Ⅳ
  • 助産管理
  • 助産学実習
  • プライマリーケア実習
  • 公衆衛生看護方法論Ⅱ-Ⅳ
  • 公衆衛生看護管理論 
  • 公衆衛生看護学実習
  • 女性と胎児の薬理学
  • 疫学・保健統計学Ⅱ
  • 看護論ゼミナール 
  • がん看護
  • 在宅ケアシステム論

取得可能な資格等

  • 「看護師国家試験」受験資格
  • 「保健師国家試験」受験資格(選択履修)
  • 「助産師国家試験」受験資格(選択履修)
  • 「養護教諭」及び「高等学校教諭(看護)」一種免許状(選択履修)

※ただし、選択履修には人数制限があります。また、3つのうちいずれか1つの取得となります。

入試関連情報はこちらの特設サイトから
  • 入試概要・日程
  • 募集定員
  • 入学費
資料請求はこちらから