四国大学附属図書館

教育・研究の学術情報センター

四国大学附属図書館入口ゲート

四国大学附属図書館は利用者の学習・研究をサポートし、知識・教養のレベルアップを図る「宝島」。探索の仕方ひとつで宝はさまざまな色彩をくりひろげます。

現在の蔵書は約43万冊、学術雑誌約7千種。これらを基準にして算出した「一人当たりの総合評価」(A新聞社調べ)によれば、全国6百余の国公私立大学中上位にランクされています。他にDVD、LD、CD、VTR、マイクロフィルムなどの視聴覚資料も1万8千点を備えています。

これらを管理・運用する最新の図書館コンピュータシステムの導入で、情報検索(OPAC)や自動貸出返却装置なども稼働。利用しやすく快適な知的環境が整っています。図書資料は全開架式で本学職員、学生なら誰でも直接書庫内を自由に見ることができます。貴重コレクション資料公開を兼ねた企画展等で「凌霄文庫」の存在も有名です。

※本学の図書館は、一般の方々にもご利用いただけます。

蔵書数・設備等

蔵書数 約43万冊 学術雑誌 約8千種類
視聴覚資料 約1万8千点 コレクション「凌霄文庫」・郷土資料 約1.7万点
延床面積 約4900㎡ 座席数 454席

蔵書目録検索

四国大学附属図書館蔵書目録検索(OPAC)等のページ

Page Top