学修支援センター

学生の皆さんがラウンジのようにくつろいだ雰囲気の中で学習できる部屋です。
より充実したキャンパスライフを送れるよう様々な支援と図書館や自習室とは異なったリラックスできる学習環境を提供しています。
また、学生生活全般の「よろず相談所」を目指して、いろいろな悩みに応えています。勉強に限らず、困ったことがあれば何でも相談してください。

gakusyusien-center_2020.jpg
gakusyusien-center2019.jpg

こんな時に使ってください

  • 授業の空き時間やバスの待ち時間、放課後に
  • 誰に相談したらいいか分からない悩みがある時に
  • 個別指導やミニ講座など学習支援を受けたいときに

学生生活も勉強も...一緒に考えましょう

  • 授業がなんとなくしっくりこない
  • 人間関係にちょっと悩む...
  • 勉強の仕方を身につけたい
  • 将来に向けて何かしていきたい

学生のニーズに合わせた学修支援サービス

1学習・学修支援

大学の授業や認定資格取得、編入学対策など、ニーズにあわせた個別の相談や支援を行っています。

2障がい学生支援

合理的配慮の提供やピアサポーター制度を通じ、学生の皆さんがキャンパスライフを快適に送るためのサポートをしています。

3自学自習

飲食OK、雑談OKのリラックスした環境での自習が可能です。

学習サポートプログラム

授業を受けるうえで、高校での基礎学力は重要な土台となります。本プログラムは、新入生を対象とした高校レベルの基礎科目を学び直すことができるプログラムです。大学での学習方法や学習内容の違いによる"とまどい"や高校での科目未履修などによる不安を補い、弱点克服と大学でのスムーズな受講を強力にサポートします。

実施教科

  • 国語
  • 数学
  • 英語
  • 化学
  • 生物

スタディルーム

スタディルームは、「静かに」、「一人で」、「リラックスした雰囲気」が好きという学生のための学習スペースです。

スタディルーム  スタディルーム

アクセシビリティルーム

学修支援センターの付属施設です。本学における合理的配慮の提供に関する業務を行う専任のコーディネータが常駐し、随時相談を受け付けています。本学の特徴的な取り組みとして、高校在学中の入学前相談にも対応しています。

gouritekihairyo.jpg

合理的配慮とは

合理的配慮とは、障がい者差別解消法(H28施行)に定められており、教育機関においては学生個人のニーズに合わせた修学上の配慮を提供する取り組みです。障がいのある学生の皆さんが、快適にキャンパスライフを送るために様々なサポートを提供します。
詳しくは、「四国大学 合理的配慮に関する取り組み」をご覧ください。

Page Top