新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 地域活動
  4. 「こまった訓イン四国大学 2016」を行いました

「こまった訓イン四国大学 2016」を行いました

2016年10月05日

平成28年10月1日(土)、徳島市の津波避難所に指定されている四国大学(中央棟)で、大学周辺の地域住民(90名)と学生寮生・一般学生(40名)とが津波を想定した合同避難訓練と防災学習会を行いました。
合同避難訓練では、学生が地域住民を支え誘導しました。地域住民の中には、83歳の方も参加されていましたが、学生が丁寧に介助しながら3階の教室まで誘導しました。避難場所の教室では、松重学長の挨拶の後、避難袋の点検と確認が学生ボランティアスタッフの説明のもとに行われました。
続いて、1階ロビーでは、一つの家族を想定したグループごとにダンボ―ルによる避難所づくりを行いました。その避難所において、徳島市から届いた救援物資(カップラーメン・パン・缶詰等)と本学からの乾パンが支給され、住民と学生は自己紹介をしながら昼食をとりました。
午後からは、町内会のリーダーと学生による防災クロスゲームを行い、災害時における防災や救援の対応策の判断訓練に関する学習会を楽しく意見交換しながら実施しました。