新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 地域活動
  4. 「とくしま防災インカレ」で学生ボランティア活動支援室の学生が発表を行いました

「とくしま防災インカレ」で学生ボランティア活動支援室の学生が発表を行いました

2016年08月29日

平成28年8月27日(日)、徳島県内の4大学が参加し、「とくしま防災インカレ」が県内で初めて開催されました。
防災関連のボランティア活動や研究活動についてのパネル発表・ポスター発表等や、飯泉徳島県知事の進行のもと意見交換が行われました。また、自らが東日本大震災の被災者である元アナウンサーの生島ヒロシ氏(気仙沼市出身)による記念講演もありました。
本学学生ボランティア活動支援室の学生スタッフである、西原リーダーと小林サブリーダーは、2011年の東日本大震災被災地(岩手県の釜石市・陸前高田市・大船渡市・大槌町・宮古市)へのボランティア活動、昨年度実施した「こまった訓イン四国大学」(応神町地域住民と学生との避難訓練)の活動、地域住民の避難訓練と避難所づくりの指導者ボランティアとしての活動に関する発表を行いました。他校の学生や一般の参加者からは多くの質問があり、本学学生ボランティア活動支援室の活動と防災へのボランティア活動に強い関心を示してくれました。